スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巾木の塗装。

さてさてリフォームネタが溜まっているので早速振り返ってきいきます。
CIMG5946.jpg

マンションリフォームで巾木と建具の塗装を行ってしまおうという挑戦。笑
先ずは色を決めなくては行けませんが、もう一つ油性ペンキにするか水性ペンキにするかも重要です。
油性だと塗膜が丈夫で下地をあまり気にせずに済みます。
しかし作業中のニオイがキツイのと完全に硬化するまでは、シックハウス症候群への原因ともなり得ます。
逆に水性の場合には、ニオイもゆるく、道具の手入れが楽です。水で洗えますからネ。
しかし完全に乾くまでに時間がかかり塗膜も柔らかいのが特徴。
今回は、ニオイの問題を優先して水性塗料を使う事にしました。

そんな私を何やら不安そうに見つめる視線。
彼女:「水性なんかで平気なの??」
私:「?」
彼女:「だって。。」
どーやら彼女は水性ペンキは絵の具と同じで水に濡れると色落ちすると思っていたらしい。(笑)
「乾けば濡れたって大丈夫なんだよ」と教えてあげたのですが「????」な感じでした。
そーですよね、よく考えたら乾いたら水でも落ちなくなるって不思議です。

CIMG5951.jpg
さて色はカンペハピオのアーチグレー、アーチベージュ。そしてアトムハウスペイント オールマイティーNEOの黒を選びました。つや消しという所がポイント。
これらを調合して好みの色を作り上げます。この辺は絵の具と同じですね。
もちろん乾けば絵の具とは違いますヨ。笑

混ぜては新聞紙に付けて乾いた色具合を何度も何度もチェック。
1週間くらいかかって、やっとこさ納得の色に仕上がりました。
CIMG5968.jpg

ダークな壁紙と相まって、部屋の雰囲気が一気に引き締まりますネ。いやいや大成功。
3年近く経つ今でもまったく剥がれとかはありませんヨ。(^_^)

始めたばかりですのでどうか、毎回ポチっとお願いいたします!



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ROOTs301

Author:ROOTs301
若い頃は趣味に没頭していたB型人もすっかり家庭的なオトナになりました。しかし、こだわりは捨てられませぬぅ!

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。